この街の不動産 株式会社久富 公式サイト | 雨続きの天気と地元練馬区周辺の生活環境
16466
post-template-default,single,single-post,postid-16466,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-16.0.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.7,vc_responsive

雨続きの天気と地元練馬区周辺の生活環境

雨続きの天気と地元練馬区周辺の生活環境

大雨つづき…

 

ブログ投稿久しぶりになってしまいました。

ごめんなさい。心いれかえて更新したいと思います。

 

今年の天気はおかしいですね…

大変な思いをされている方々が、各地に大勢いらっしゃいます…

 

今後は、このような天候による影響を強く意識することになるでしょうね。

ハザードマップをより重要視して、河川の状況や、地盤、土砂災害の警戒まで…

今後の不動産取引において、優先順位が否が応でも高くなるでしょう。

一度の災害で、その価値や生活がゼロどころか大きなマイナスにまでなる可能性が

あるわけですから、当然です。

 

幸い、練馬区は大きな被害は出ていません。

石神井川も氾濫しそうでしたが、大丈夫のようでした。

現在、石神井川の増水時に地下に水を大量に逃して、氾濫を防ぐ設備が建築中で

数年で完成します。先日の観測史上最大とも言われる台風で、ほとんど災害の報告を

聞くことがなかったことを考えると、さらなる安心材料になります。

 

都内23区で言えば、洗練されているとは言い難いですが、子育てのしやすい町でも

常に上位、緑が一番多い区でもあります。そして、災害に強い、生活に安心の

練馬区だとも言えますね。夏の暑さでは全国的になってきていますが…

私は現在、管轄の光が丘警察署で評議委員を仰せつかっています。

定期的に警察署の方々と意見交換をさせていただいていますが、凶悪犯罪や交通死亡事故も

なく、比較的おだやかな地域であることが客観的な数字でもわかりました。

 

今後の不動産の価値がどの様に変わってくるか、良く考えて、対応していきたいものです。